カロリーを減らしても長期的には痩せない理由

投稿2021年8月25日


自分を最高に美しく見せたいという思いから、インターネットで見つけた最新のダイエット方法を実践してしまうことは、誰にでもあることでしょう。モチベーションが高く、意志が強い最初の頃は、結果が出ているように見えます。厳密に計画を実行し、数キロの減量に成功する。今回は違うぞ」と自分に言い聞かせます。今度こそ、体重減少を永久に維持しよう。

しかし、毎回同じことが起こります。結果が横ばいになり、減る体重もどんどん少なくなり、ダイエットを続けても体重が減らないという状態になってしまいます。そうなると、ほとんどの人がダイエットをやめてしまい、元の不健康な習慣に戻ってしまいます。

なぜこのようなことが起こるのか?どんな説明があるのか?

その理由は、体の機能を理解することにあります。

カロリーを大幅にカットすると、最初は期待通りに体が反応し、蓄積された脂肪を使ってエネルギーに変換します。しかし、しばらくすると、脳が「空腹」という問題を認識し始めます。そこで、脳は体を「生存モード」にします。つまり、体は脂肪を蓄えて、後で必要になるかもしれないと判断するのです。甲状腺の機能が低下して、代謝が低下してしまいます。

いくつかの研究によると、低カロリーの食事をすると、体が燃やすカロリーが23%も減少すると言われています。また、この代謝の低下は、低カロリーダイエットをやめた後も続く可能性があります。これが、80%以上の人がダイエット中に失った体重を元に戻してしまう理由の最も妥当な説明です

そして、この数字は健康な人にも当てはまります。

甲状腺機能低下症を患っていると、すでに代謝が低下しています。甲状腺機能低下症で適切な治療を受けていない場合、食事療法や運動療法を行っても体重減少はほとんど不可能になります。

では、どうすればいいのでしょうか?

まず、甲状腺に問題があると思ったら、医者に行って検査をしてもらい、適切な薬をもらうべきです。問題が何であるかを早く見つければ、それだけ早く解決できます。

結果を重視した厳しいダイエットをライフスタイルの変化に置き換える

カロリーを減らしてもうまくいかない場合は、やり方を変えてみましょう。 目先の結果にとらわれるのではなく、永続的な変化を目指してみてはいかがでしょうか。不健康な食習慣を徐々に良いものに変えていけばいいのです。

どうすればいいんですか?

秘訣」は、一歩ずつ進むことです。現実的な目標を設定し、それに向かって徐々に努力していくのです。最初は、ソーダを飲まないようにしたり、近所を散歩したりするなど、小さなことから始めます。そして、毎朝、家で運動をするなど、より高度な変化を目指します。

大切なのは習慣の力

一度、ライフスタイルの変化を取り入れることに成功すると、しばらくすると、それが自然に組み込まれて、楽にできるようになります。歯を磨くのと同じです。ソーダを飲まないでいると、しばらくすると(例えば2週間)、ソーダが恋しくなくなります。

変化」という言葉は、特にエネルギーが低下しているときには怖い言葉のように思われるかもしれませんが、だからこそ私たちはここにいます:あなたを導き、あなたのモチベーションを維持するために。


関連記事


この投稿へのコメントは終了しています。